最も美味しい里芋料理「ひょっくり芋」

ひょっくり芋は、掘りたての里芋を茹でて皮を剥いただけのシンプルな料理です。

茹でた里芋を手で握り、絞るように親指と人差し指の間から中身を押し出します。このとき、中身がひょっくりと顔を出す様子から、ひょっくり芋と呼ばれているようです。

この呼び方は、神奈川の県央周辺くらいで呼ばれています。他の地域では、きぬかつぎなんて呼ばれ方をしているようです。

海老名では、古くから秋に里芋の収穫が始まると、旬の味覚として里芋をひょっくり芋にして食べられてきました。味付けは素材の味を殺さないように、醤油をすこしかけるくらいにします。

他にも美味しい食べ方があるんじゃない、結局茹でただけじゃんなんて思われるかもしれませんが、里芋が一番美味しいのは掘りたてです。

掘りたてが入手可能な秋にしか食べることのできないものなので、是非お買い求めください。ゆで時間は、沸騰したお湯で煮沸させずに10分くらい、電子レンジなら500Wで5分くらいを目安にし、串がスッと通れば火が通ったと判断します。

茹でてグツグツさせると溶けてしまうので、電子レンジでの調理がオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください